民進党・山井和則「共謀罪の審議入りを強行する理由は、森友隠しではないか!」


民進 テロ等準備罪新設法案 6日の審議入り認めず

民進党の山井国会対策委員長は記者会見で、共謀罪の構成要件を改めて、テロ等準備罪を新設する法案について、刑法改正案の審議を優先すべきだとして、与党側が目指している6日の審議入りは認められないという考えを重ねて示しました。

この中で、山井国会対策委員長は、「共謀罪の構成要件を改めて、テロ等準備罪を新設する法案について、国民の中で賛否が分かれ、不安が多い共謀罪よりも、性犯罪厳罰化法案を優先するのが当然だ」と述べ、強姦罪の名称を変更して罰則を厳しくすることなどを盛り込んだ、刑法の改正案の審議を優先すべきで、与党側が目指している6日の審議入りは認められないという考えを重ねて示しました。

また、山井氏は、「共謀罪の審議入りを強行する理由は、森友隠しではないか。

安倍総理大臣や自民党は、昭恵夫人の証言などを拒否し、なんとか幕引きしたいという思いがありありだ。国民への説明責任を果たしておらず、非常に問題がある」と述べ、大阪・豊中市の国有地が学校法人「森友学園」に鑑定価格より低く売却されたことについても、引き続き追及していく考えを強調しました。

自民 副総裁「審議入りに難色は野党の常」

自民党の高村副総裁は党の役員連絡会で、共謀罪の構成要件を改めて、テロ等準備罪を新設する法案について、「あさっての審議入りに野党が難色を示しているということだ。

まだ法案が提出されていないときに、法案に対する不安をあおりにあおって、実際に法案が提出されたら審議入りに難色を示し、スケジュール闘争をするのは野党の常だが、廃案とならないようにお願いしたい」と述べました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170404/k10010936491000.html

スポンサーリンク

▼ネット上の反応

ページ:

1

2

▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!