小林麻耶が我慢ならなかった取材陣の行動「命綱がなくなってしまう」

小林麻耶「命綱がなくなってしまう…」報道自粛訴えに坂上も涙

フリーアナウンサーの小林麻耶が3日、フジテレビ系「バイキング」にVTR出演し、11カ月振りのテレビ復帰を果たした。

その中で、休養期間中に加熱したマスコミ報道にも言及。麻央が通う病院にもマスコミがやってきたことで「そこに行けなくなったら命綱がなくなってしまう」と、自粛を懇願。

VTR終了後、MCの坂上忍も涙を浮かべて「どうか一つもうちょっといい環境になってくれたら」と訴えた。

対談はMCの坂上忍のいきつけのそば店で行われ、休養期間中に受けたマスコミの過熱報道にも言及。

麻耶は「やはり記者の方々も一生懸命お仕事されていて、毎日ピンポンピンポン来ていただいて…」と、連日自宅の呼び鈴を鳴らす記者がいたことを明かすと坂上は「え?(呼び鈴)鳴らすの?」と絶句。

麻耶は「でも居留守使っちゃった」と苦笑いを浮かべると「いいよ、使って…」と同情した。

麻耶は「それがお仕事なので、仕方が無い。この世界で働いているのでよく分かるんですけど」と、自宅に連日来る報道陣には理解を見せたが、どうしても我慢ならなかったのが、麻央の病院前での張り込みだったという。

スポンサーリンク

「病院側に迷惑がかかった場合、患者さんに迷惑がかかった場合、そこにもう行けなくなったら命綱がなくなってしまう。そこだけ分かってもらえると嬉しい」と、乳がん闘病中で、現在も通院が欠かせない麻央が治療に専念できるよう、病院での張り込みは遠慮して欲しいことを訴えた。








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事