おすすめの記事

朝日新聞が暴力団偽診断書の韓国人医師を擁護 → 「ここまで露骨だと笑うしかない」


朝日新聞が暴力団偽診断書の韓国人医師を擁護 ?! — 八幡 和郎

京都府立医大病院が暴力団組長の虚偽診断書作成して収監を免れさせたといわれる事件では、京都府立医大の学長にまで嫌疑がかかっているが、その組長を府立医大病院に紹介したのは、京都きっての名門私立病院である「康生会・武田病院」である。

そして、27日に、武田病院の担当医らが逮捕された。

虚偽診断書作成・同行使の疑いで逮捕されたのは、武田病院の医師、全栄和(チョン・ヨンファ)容疑者(61)、元医事部長、大西義彦容疑者(45)、暴力団組員、山田英志容疑者(48)の3人。

ところが、これを報じた朝日新聞の記事は、名医で人格者として同医師に称賛の言葉を並べ、むしろ、擁護しているとも見えるほどだ。

“「腕利き医師」「病院のヤクザ担当」逮捕に困惑 京都:朝日新聞デジタル(http://www.asahi.com/articles/ASK3Y4CMCK3YPLZB00Q.html)”

「業界では腕がいいことで有名な医師」「気さくな人で職員や患者に人気がある」「全先生がやめたら、武田病院をやめる若い医者もいるんちゃうかな」という関係者の言葉が紹介されている。

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!

アンケート投票