【動画】長谷川幸洋「東京新聞も今みたいに左じゃなかった。5年10年前くらいから主義主張の部分が物凄く出るようになった」

昨日放送されたテレビ番組で『日本に報道の自由はあるのか!?今のマスコミ報道は“真実”を伝えている?』とのテーマで議論された、長谷川幸洋氏の発言が話題になっています。

長谷川氏は門田氏の意見「『ファクト(真実)』と『イデオロギー』の問題というのが核心だと思う」と述べました。

 

▼ツイートがこちら

長谷川幸洋


長谷川 幸洋(はせがわ ゆきひろ、1953年1月18日- )は、日本の新聞記者、ジャーナリスト。東京・中日新聞論説委員。
1977年(昭和47年)、中日新聞社に入社、1987年、東京新聞経済部へ異動。1989年、ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)で国際公共政策修士(MIPP)。東京本社外報部、ブリュッセル支局長、1999年に論説委員に就任し、2010年、論説副主幹に就任。2017年3月1日付人事にて、副主幹から外れた。
長谷川幸洋 – Wikipedia

スポンサーリンク

門田隆将


門田 隆将(かどた りゅうしょう、1958年6月16日 – )は日本のジャーナリスト、ノンフィクション作家。本名は門脇 護(かどわき まもる)。
門田隆将 – Wikipedia

▼動画は次のページ








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事