おすすめの記事

民進党の復活へ茂木健一郎氏が提言「党名を民主党に戻し、小沢一郎氏と鳩山由紀夫氏を迎えるべき」


民進党への直言

私は、すでに何度か表明しているように、政権交代可能な政治状況が望ましいと考えている。

自民党が特に好きでもきらいでもないし、民進党が特に好きでもきらいでもない。

政権交代の可能性がない(その緊張感がない)政治は、必ず腐敗する。

まともな民主主義国で、政権交代の可能性がリアルではない国など存在しない。

その意味で、日本は戦後長い間(そして今も)まともな民主主義国ではないと思う。

さて、自民党の政策には、賛成のところも、反対のところもある。

一方、民進党は、本当に政権交代可能な政党になろうと思ったら、いくつかクリアしなければならないポイントがある。

以下、民進党への直言と、その理由をシンプルに書く。

民進党は、党名を「民主党」に戻すべきである。そして、2009年の政権交代の最大の功労者である小沢一郎さん、鳩山由紀夫さんを三顧の礼を持ってお迎えすべきだ。これがやるべきことの結論。

スポンサーリンク

その理由は、それが人間として真っ当な道だからだ。

民進党は保守、リベラルで言えばリベラルの党で、その中には、「左翼」と呼ばれる人たちもいるのだろう。

ぼくは思想的にはリベラルなところもあれば、穏健な保守の部分もある。しかし、左翼と呼ばれる人たちの共通の欠点は、イデオロギーにとらえられて、人間を見ないところだと思う。

なぜ、民進党という党名に変えたのか? あるいは、小沢さんや鳩山さんを追い出したのか?

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!