Share News Japan

最新のニュース

民進党のマスコミ対応に疑問の声が相次ぐ「非常に稚拙」

民進党のマスコミ対応に疑問の声が相次ぐ「非常に稚拙」

29日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)で、民進党のマスコミ対応に疑問の声が相次いだ。

番組では、辻元議員に降ってわいた疑惑を取り上げた。24日、自民党が公開した、安倍晋三首相の妻である昭恵氏と森友学園理事長・籠池泰則の妻である諄子(じゅんこ)氏との間でやり取りされたメールの中に、辻元議員が登場していた。

諄子氏は、辻元議員が塚本幼稚園に不法侵入しかけたり、森本学園騒動の証人をでっち上げたかのようなコメントを残していたのだ。

民進党側はすぐにマスコミ各社にFAXを送付し、こうしたメール内容を否定した。しかし、辻元議員本人が同件について釈明するとした記者会見は当日中止となった。また28日、安倍首相が参議院決算委員会でこの疑惑に言及するなど、国政の場でも問題視され始めている。

スポンサーリンク

スタジオの政治アナリストの伊藤惇夫氏は、民進党が24日付で送付した文書を問題視した。文書の最後に「メディア各位におかれては、このような誤った内容を拡散しないよう強く求めます」とあることに伊藤氏は「『報道規制してくれ』という依頼がここに込められてるとすれば、これははっきり言ってとんでもない間違いですよね」といい、かえって報道が拡散していく可能性を指摘。

おすすめの関連記事

Return Top