辻元清美氏、会見“ドタキャン”の理由が判明!マスコミが「爆弾」用意していた情報を入手…

【籠池夫人メール問題】辻元清美氏 会見“ドタキャン”の怪

安倍晋三首相(62)の天敵で、マシンガントークがウリの民進党・辻元清美衆院議員(56)がどうにも“らしく”ない。

「森友学園」籠池泰典理事長(64)の妻・諄子氏と安倍首相の昭恵夫人(54)とのメールのやりとりの中で、諄子氏いわく、関係先に侵入しかけたとされた辻元氏。この件で辻元氏は27日に会見すると言われていたが、結局行われなかった。なぜ、“ドタキャン”したのか。

24日に自民党の西田昌司参院議員(58)が公開した諄子氏と昭恵夫人のメールのやりとりには、辻元氏が2月21日に民進党調査チームのメンバーとして現地視察した当時を示唆する「幼稚園に侵入しかけ 私達を怒らせようとしました」との一文がある。

さらに小学校建設などに関係する下請け業者に「辻元氏が(息のかかった)作業員を送り込みました」とも記されている。

民進党役員室は同日にこのメールは“デマ”だと断じ、マスコミに情報を拡散しないよう要請。その直後、本紙は辻元氏に電話取材していた。

本紙が「籠池夫人が昭恵氏に送ったメールに名前が出ている」とぶつけると、辻元氏は「よう分からないよ。ネット上でデマが広がっているし。虚偽もいいところ。それで民進党役員室と弁護士に相談した」と答えた。

スポンサーリンク

さらに、過去に籠池夫人と会ったことはあるのかと尋ねると、「ない。一度もないよ! 塚本幼稚園は山井さん(和則衆院議員)と行った。最初は近くに行こうと思ったけど、車で待機することになった。不法侵入なんてしていない」と話し、電話を切った。

この時は辻元氏は強気だった。








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事