おすすめの記事

ビートたけしが語る「デキの悪い子ども」の育て方


たけしが語った「デキの悪い子の育て方」

【現役放送作家X氏の芸能界マル秘ウラ話】かつてウッチャンナンチャンの南原清隆(52)は「俺、東京でね、子供を育てる自信なんかないよ。東京みたいな街は危ないし、だから子供なんかいらないんだ」と語ったという。

ところがいざ子供ができると、子供の話ばかり。今回は子供がかわいくてしょうがない芸人の教育論について。

極楽とんぼの加藤浩次(47)は「うそをついたり、内緒で悪いことをしたら、なあなあにはしないで徹底的に怒るよ」という。電車で小学校に通う長男が、通学に使っているパスモで親に言わずにこっそりジュースを買っていた時の話。

「チャージの回数が多いので、嫁が気づいて明細を取り寄せたら、判明して。『ママにジュース買っていいか聞いてるならいいけど、勝手に買ってるなら、オマエはパパのお金を盗んでるってことだからな。今から警察呼ぶから待っとけ!』って叱ったら、ウワーッて泣き崩れて。人生終わった!って感じで、がっくり肩を落としてね」

ドランクドラゴンの鈴木拓(41)は息子が「お前の親、またスベってたなっ!」と学校でイジられ、いじめられそうになったとき、息子にカンフー映画を見せたという。

スポンサーリンク

「カンフー映画の主人公は、一番初めにやられるけど、最後は努力して勝つ。それを見た子供も負けないようにどうしたらいいのか考えるし、結果、自信を持つようになり強くなりました」

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!

アンケート投票