おすすめの記事

【メール画像あり】安倍夫人メール、自民公表「辻元清美が潜らせた関西なんとか連合に入っている…」 参院予算委員会に提出しようとしたが、野党が反対!


<森友学園>「寄付の記憶なく」安倍夫人メール、自民公表

森友学園問題を巡り、自民党は24日、安倍晋三首相の昭恵夫人と学園の籠池泰典理事長の妻が交わしたメールの文面を公表した。

2015年に籠池氏が昭恵夫人に渡したとする講演料10万円や、「昭恵夫人から籠池氏への100万円の寄付」について、昭恵夫人が「記憶がない」とただすメールを送っていた。籠池氏の妻は講演料には明確に答えず、寄付に関する返信はしなかったとみられる。

自民党が24日、籠池氏が23日の証人喚問で公表を否定せず、首相側も了承したとして記者団に文面を配布した。当初は参院予算委員会に提出しようとしたが、野党が反対した。

昨年6月から今年3月16日まで、双方の約80通のやり取りをまとめている。

昭恵夫人が2月28日に「講演の謝礼を頂いた記憶がなく、教えて頂けますでしょうか」と送信すると、籠池氏の妻は「あまりにひどい。その情報はどなたからですか。全国の方々から励ましのメールがどっさり届き励まされます。絶対おかしい」などと返信した。

寄付に関しては今月16日に昭恵夫人が「100万円の記憶がないのですが」と送信。自民党の発表はこのメールで終わっており、返信はなかったとみられる。

喚問で籠池氏が言及した「口止めとも取れるメール」の関連では、籠池氏の妻が自民党議員から「(学園にある)昭恵さんの写真を外してほしいといわれた」と2月25日に送信。

昭恵夫人が「私が関わったということは、裏で何かがあるのではと疑われないように細心の注意を払わなくてはならない」と返信していた。

首相は24日の参院予算委で「先方が断片的なものだけを公開するので、全て公にした方が誤解が解けるのではないかということで公開した」と説明。「口止めした、というのは、極めて遺憾で悪意に満ちたものだ」と批判した。【小山由宇、光田宗義】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00000047-mai-pol

スポンサーリンク
毎日新聞がデジタル版に掲載されるも、なぜかすぐに削除されました。

しかしすでにスクリーンショットを確保しています。

▼画像&書き起こしは次のページ

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!