おすすめの記事

乳児を噛み殺したゴールデンレトリバー 専門家は殺処分の可能性も指摘


放し飼いレトリバーが乳児を…犬好き一家の悲劇

一家に生まれた赤ん坊と触れ合いたいゴールデンレトリバー。

しかし、近寄る度に大泣きをされる。見かねた飼い主がライオンのタテガミの被り物をプレゼント。それを付けると、幼児は笑って手を伸ばした――。

世界中で話題を呼んだアマゾンのCM。レトリバーの「人との親和性」を改めて知らしめるものだったが、それを覆す事件の“現場”は、東京・八王子市の中心部から車で20分ほど。斜面を切り開いて造られた住宅地の中に位置する、60坪ほどの大きさの一軒家である。

注意深く見れば、玄関脇の雨どいには「猛犬に注意!!」と書かれたステッカーが貼られており、自家用車の窓には犬型のステッカーが。複数ある車止めの縁石も、犬の形のそれだ。

事件をおこしたレトリバーは4歳のオス(写真はイメージ)

ありふれた愛犬家一家の光景。

それが“一転”した悲劇の3日後、インターホンを押すと、被害者の祖父であり、加害者ともなった家の主がドアをわずかに開け、

「気持ちの整理がまだ付いていないので、勘弁してください。すみません……」

と述べると、ドアを閉じた。後ろでは、キャンキャンと吠えたてる犬の鳴き声が響いていた。

スポンサーリンク

■“加害者”は…「これほどやりきれない事件は珍しいと思いますよ」

と全国紙の社会部記者が言うこの「噛み殺し」事件。発生は3月9日の夕刻のことだった。

犠牲となったのは安田翠(みどり)ちゃん。祖父母宅から車で20分ほど、同じ市内のアパートに母親と暮す10カ月の女児だ。木曜日の朝、いつも通り保育園に預けられた翠ちゃんは、程なく発熱。仕事中の母親は、引き取りを父母(翠ちゃんの祖父母)に頼んだのである。

記者が続ける。

ページ:

1

2 3
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!