おすすめの記事

宮古島市議会「道義的責任を」 石嶺氏「決議は不当だ」→ ネット上の反応「全然反省してない…」


議員辞職勧告に関して弁明する石嶺香織氏=21日、市役所平良庁舎

宮古島市議会は21日、石嶺香織氏に対する議員辞職勧告決議を賛成多数で採択した。

提出者の佐久本洋介氏は「政治的道義的責任を明らかにするために、議員辞職を」と迫ったが、石嶺氏は「決議は不当」とこれを拒否した。

採択に法的拘束力はない。

石嶺氏は議員活動の継続を表明した。

午前10時に開会。佐久本氏が決議文を読み上げ、質疑、討論があった。

上里樹氏、新城元吉氏は反対の立場から自身の考えを表明した。

上里氏は「議場外で起きたことで、本人は謝罪もしている」として辞職勧告のあり方を疑問視した。

新城氏は、「言論の自由は検討したのか」と決議案に疑義を唱えた。

これに佐久本氏は「議場外ならどういう発言をしても許されるのか。

議会の品位の問題だ」と反論。新城氏が言論の自由に関して回答を求めると、「言論の自由というが、何を言ってもいいのか。

それはおかしいと思う」と声を荒げた。

スポンサーリンク

討論で上里氏は、「市議会は言論の府だ。議員辞職勧告については慎重の上に慎重を期すべきだ」として反対の立場を表明した。

嵩原弘氏は賛成の立場から意見を述べ、「出席議員の4分の3以上が賛成をしているんだ。このことを重く受け止め、法的拘束力はないが、(石嶺氏に)猛省を求める」と強調した。

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!