おすすめの記事

【韓国】ロッテ創業家一族 そろって初公判に出廷


準備されていた車椅子に乗って移動した格浩氏は、取材陣からの罪状を認めるかとの問いにうめくような声を上げたまま、何も語らずに法廷に移動した。先に到着した東彬氏は「ご心配をかけて申し訳ない。裁判に誠実に臨む」と述べた。

この日の初公判では格浩氏が高齢ということもあり、起訴事実に対する格浩氏の立場を確認する冒頭陳述のみが行われる。

東彬氏は取締役や顧問などとして名前だけ登録し、労働の実体のない一族などに給与を支払ったとして508億ウォン(約51億円)の横領や背任の罪などに問われている。

また、ロッテシネマの売店の運営権を不当に安く売却しロッテショッピングに774億ウォンの損害を、赤字の系列会社の有償増資に別の系列会社を参加させるなど471億ウォンの損害をそれぞれ負わせた罪で起訴された。

格浩氏は実体のない給与の支払いによる横領と858億ウォンの脱税、背任などのほか、非上場の株式を系列会社に高価で売却し、94億ウォンの損害を負わせた罪に問われている。

東主氏は業務の実体のない給与391億ウォンを受け取った罪で、英子氏と徐氏は脱税のほか、ロッテシネマの売店の不法賃借について共謀した罪などでそれぞれ起訴された。

格浩氏らの公判は、準備手続きだけで5回開かれた。捜査段階からロッテ側が激しく反発しており、罪の成立可否と背任・横領の金額をめぐって検察とロッテとの間で激しい攻防が繰り広げられると予想される。

聯合ニュース:http://japanese.yonhapnews.co.kr/

スポンサーリンク

▼ネット上の反応

●ついでにグリコ森永事件も聞き出せ!

●それ向こうじゃ英雄だろ

●日本のロッテの収益を散々韓国につぎ込んだことは背任に問わないの?

●プロ野球よ、これが実態だぞ。

●自衛隊にあんなことするから、全く同情もないわ

ページ:
1

2

スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!