爆笑問題の太田光、保守団体「日本会議」に言及 スタジオ静まる


太田光の発言にスタジオ静まる「いわゆる『日本会議』っていう政治団体が」

19日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)で、爆笑問題の太田光が、保守団体「日本会議」に言及し、スタジオが静まる一幕があった。

番組では、学校法人「森友学園」の理事長・籠池泰典氏が、安倍晋三首相の昭恵夫人から寄付金100万円を受け取ったと主張した問題などに関連し、籠池氏をインタビューしたノンフィクション作家・菅野完氏に注目した。

スタジオでは、菅野氏について懐疑的な意見も飛び交う中、太田が「この人の目的は政治家の関与とかよりずっと先にある」と発言したのだ。

スポンサーリンク

続けて、「いわゆる『日本会議』っていう政治団体が、どういう風に日本の戦後をしようとしているのか」「この人(菅野氏)も別の立場で、日本の戦後をどう捉えるかが最終的な目標としてある」と推測すると、スタジオが一気に静まり返る。

さらに太田は、今回の問題について「政治と金」の問題で終わらせずに、“戦後の日本”について考えるチャンスとして捉えるべきだと主張。

ページ:

1

2

▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!