デーモン閣下が原発差別に対して痛烈発言「根性の悪い国民」


▼Twitterの反応

デーモン閣下が原発差別に痛烈発言「根性の悪い国民」

15日放送の「ひるおび!」(TBS系)で、デーモン閣下が、原発差別に対して痛烈なコメントを放った。

番組では、関西学院大学で発生した原発差別を特集した。2014年、福島県会津若松市出身の女子大生が授業中に出身地を答えた際、外国人講師が教室の電気を消し、「放射能を浴びてるから電気を消したら光ると思った」と口にしたという。女子大生はショックを受け、この講師の授業に出席できなくなった。

問題が発覚すると、講師は「冗談のつもりだった」と発言を認めた。大学側は3ヶ月間の減俸、来年度以降の契約をしないとの処分を下している。女子大生は番組インタビューに応じ、心ない発言は間違った情報から出てきてしまうと指摘。「まずは何が起きているのか、事実をもっと知ってほしい」と要望している。

スポンサーリンク

原発いじめや差別は本件にとどまらない。番組では朝日新聞が2017年1~2月に実施した調査を紹介。「自分や家族に被害があった」が18%、「周囲で見聞きしたことがある」が44%となり、差別やいじめが「ある」と回答した原発避難者の割合は62%に達している。

ページ:

1

2

▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!