おすすめの記事

【実話】満員バスの中、赤ちゃんが泣き止まないため降りようとしたお母さんに、運転手さんがこう言った…


私には見えませんでしたが
ギュウギュウ詰めのバスと
人の熱気と暖房とで
小さな赤ちゃんにとっては苦しく
泣く以外方法がなかったのだと思えました。

泣き叫ぶ赤ちゃんを乗せて
バスは新宿に向い走っていました。

バスが次のバス停に着いた時
何人かが降り始めました。

最後の人が降りる時、後方から
「待ってください 降ります」と
若い女の人の声が聞こえました。

その人は、立っている人の間を
かきわけるように前の方に進んできます。

その時、私は、子どもの泣き声が
だんだん近づいて来ることで
泣いた赤ちゃんを抱いているお母さんだな
とわかりました。

そのお母さんが運転手さんの横まで行き
お金を払おうとしますと運転手さんは

「目的地はどこまでですか?」

と聞いています。

その女性は気の毒そうに小さな声で

「新宿駅まで行きたいのですが
子どもが泣くので、ここで降ります」

と答えました。

すると運転手さんは

「ここから新宿駅まで
歩いてゆくのは大変です。

目的地まで乗っていってください」

と、その女性に話しました。

そして急にマイクのスイッチを
入れたかと思うと

「皆さん!

この若いお母さんは
新宿まで行くのですが
赤ちゃんが泣いて
皆さんにご迷惑がかかるので
ここで降りるといっています。

子どもは小さい時は泣きます。

赤ちゃんは泣くのが仕事です。

どうぞ皆さん、少しの時間
赤ちゃんとお母さんを一緒に
乗せて行って下さい」

と、言いました。

私はどうしていいかわからず
多分皆もそうだったと思います。

ほんの数秒が過ぎた時
一人の拍手につられて
バスの乗客全員の拍手が
返事となったのです。

若いお母さんは
何度も何度も頭を下げていました。

今でもこの光景を思い出しますと
目頭が熱くなり、ジーンときます。

私のとても大切な
心にしみる思い出です。

==============

スポンサーリンク

読み終えられた感想は、いかがですか。

運転手さんの「赤ちゃんは泣くのが仕事です。」というアナウンス。落ち着いて考えるとまさにその通りです。

しかし、バスという密室。暖房の暑さや乗客の熱気。そして、泣き叫ぶ赤ちゃんの声。

もし、自分がその場にいたら、「どう思い、どう反応しただろう」と、正直なところ考えてしまいます。

私たち大人や子どもは、この話から何を学ぶことができるのでしょうか。

出典:大野路

ページ:
1

2

スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!