おすすめの記事

【実話】満員バスの中、赤ちゃんが泣き止まないため降りようとしたお母さんに、運転手さんがこう言った…


東京にいた、今から16年程前の
12月も半ば過ぎたころの話です。

私は体調を壊し、週二回
中野坂上の病院に通院していました。

その日は、今にも雪が降り出しそうな空で
とても寒い日でした。

昼近くになって、病院の診察を終え
バス停からいつものようにバスに乗りました。

バスは座る席はなく、私は
前方の乗降口の反対側に立っていました。

車内は暖房が効いていて
外の寒さを忘れるほどでした。

まもなくバスは東京医科大学前に着き
そこでは多分病院からの帰りでしょう
どっと多くの人が乗り
あっという間に満員になってしまいました。

立ち並ぶ人の熱気と暖房とで
先ほどの心地よさは
一度になくなってしまいました。

スポンサーリンク

バスが静かに走り出したとき
後方から赤ちゃんの火のついたような
泣き声が聞こえました。

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!