おすすめの記事

「陸自来たら婦女暴行起こる」発言の宮古島市議(福岡出身)に法的措置検討へ


石嶺市議がフェイスブックに投稿/批判殺到受け削除、謝罪

宮古島市議の石嶺香織氏(36)が自身のフェイスブック(FB)上に「陸上自衛隊が宮古島に来たら、絶対に婦女暴行事件が起こる。軍隊とはそういうもの」などと投稿し、全国から批判する書き込みが殺到した。

その後、石嶺氏はFB上で釈明し、投稿を削除。13日には宮古毎日新聞社の取材に「事実に基づかない表現だった。おわびして撤回する」と謝罪した。自衛隊関係者からは「自衛隊に対する侮辱的発言だ」などと批判の声が上がり、法的措置も視野に入れた対応を取る方針を示している。

議員辞職を求める声も上がっており石嶺氏は「私自身は、宮古島に基地を造らせたくないという気持ちがある。それを実現するために頑張りたい」などと述べ、辞職しない考えを明らかにした。

石嶺氏が9日に投稿した内容は、陸自が米国で海兵隊と訓練をしているニュースを取り上げ。陸自がカリフォルニアでの演習に参加した際の写真も添付した上で「海兵隊からこのような訓練を受けた陸自が宮古島に来たら、米軍が来なくても絶対に婦女暴行事件が起こる」とした。

スポンサーリンク

さらに「軍隊とはそういうもの。沖縄本島で起こった数々の事件がそれを証明している。宮古島に来る自衛隊は今までの自衛隊ではない」などと続けた。

この投稿に批判が集中したことを受け、石嶺氏は「私の言葉足らずな表現から、意図するところとは違うさまざまな誤解を生んでしまった」と再度投稿し釈明、謝罪したが、再び批判が殺到したため、この投稿も削除した。

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!