おすすめの記事

天皇陛下 訪問先で毎回「カレーライス」を希望する理由


皇室の食卓では、かつて侍医が「御試食(おしつけ=お毒見)」をしているといわれていたが、現在は? 宮内庁総務課報道室によれば、「そのような事実はございません」との回答だった。

お食事は、なにより天皇陛下の健康を左右する。皇室担当記者が語る。

「陛下の献立は大膳課が作り、侍医が栄養のバランスやカロリーをチェックしています。陛下は、ご病気も経験され、ご高齢でもあるので、食事の量も減ってきていますが、ご健康と長寿には、お食事が欠かせないのです」

健康的で質素な食生活を送る天皇陛下。では、好きなものを食べることはできないのだろうか? じつは、行幸啓のたびに、陛下が希望するメニューがある。それが、カレーライスだ。

「陛下がお好きだということもありますが、カレーなら簡単に作れて話しながら食べることもできます。訪問先の負担を少しでも減らそうとする陛下のご配慮でもあるのです」(皇室担当記者)

ここにも、国民の気持ちに寄り添う陛下の思いやりが表われている。

(週刊FLASH 2017年2月28日号)’

スポンサーリンク

▼ネット上の反応

ページ:
1

2

スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!

アンケート投票