天皇陛下 訪問先で毎回「カレーライス」を希望する理由

天皇陛下が訪問先で毎回「カレーライス」を希望する理由

『昭和天皇の朝食はつねに洋食だった(写真・小林庸浩)』

〈昼食  麦入りご飯と味噌汁、漬け物、鰆の柚庵焼きに、はじかみ(生姜)と栗の甘露煮添え……〉

これは、ご在位中の昭和天皇のメニューだ。「天皇家の食卓」と聞けば、さぞ豪華だろうと想像するが、そこに並ぶものは、私たちがふだん口にするものと大きくは変わらない。

実際に何度もその食卓に招かれた、今上天皇のご級友で元文相の島村宜伸氏はこう明かす。

「東宮御所に何度も伺いましたが、いただいたお食事は思った以上に質素で、味つけは薄味でしたね」

天皇陛下の日常のお食事を作るのは、宮内庁大膳課の職員だ。宮内庁総務課報道室によれば、平成28年度末の大膳課の定員は43名。配膳、調理、経理、食器と担当が分かれ、調理を担当する厨房係は、第一係が和食、第二係が洋食、第三係が菓子類、第四係がパン類、第五係が東宮御所のお食事を担当する。

食材となる肉や野菜、乳製品などは、栃木県の御料牧場の生産品だ。

スポンサーリンク

「御料牧場では、トマト、レタス、キャベツなど約20種類の野菜を栽培し、化学肥料や農薬の使用は最低限にとどめています。平成29年1月現在、乳牛32頭、鶏792羽、豚58頭、めん羊355頭を飼育。放牧や平飼いでストレスを与えない飼養管理です。生産品には、牛乳、ヨーグルトなどの乳製品や、鶏卵、鶏肉、羊肉、ハム、ソーセージなどがあります」(宮内庁総務課報道室)








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事