あなたはどう教育しますか? 公園の多目的トイレ前のランプが点灯している時の行動について。

多目的トイレとは、赤ちゃんのおむつ交換や体の不自由な方が使用できるように設計されたトイレのこと。

通常、この多目的トイレの前にはランプがついているのをご存じですか?

これは中の非常ボタンを押すことによって、点灯するもの。
使用者に万が一のことがあった場合、緊急事態であることを外部に伝えるために押せば、外を通りかかった人がそれとわかる仕様になっているわけです。

このランプが点灯していたら、扉を開けて安否確認をしたり、誰かを呼んだり、なんらかの対応をするのではないでしょうか?

しかし、Twitterユーザーの眠気子さんがそれによって起きる危険を危惧する投稿して、大変話題になっています。

多目的トイレで危険?と不思議に思う方もいるかもしれませんが、そこには思わぬ落とし穴があったのです。

その投稿をご覧ください。

スポンサーリンク

『このランプが点灯していたら、多目的トイレの中で困っている人がいるサインです。手を貸してあげてください』

投稿者さんのお近くの公園の多目的トイレの前には、そんな張り紙がしてあるそうです。

しかし、投稿者さんの友人は、子どもに「ランプが点いていても、絶対に一人では開けちゃいけない」と教えています。








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事