おすすめの記事

【AbemaTIMES】涙を浮かべ「米兵たちに突き動かされた…」 小泉純一郎独占インタビュー


未曾有の被害をもたらした東日本大震災、そして福島第一原発の事故から6年が経過した。今回AbemaTVでは、小泉純一郎元総理の単独インタビューに成功。小泉元総理が打ち込んでいる「トモダチ作戦」で被曝した米軍兵士たちを救済する運動や原発ゼロ運動、小泉進次郎氏に託す思いなどを1時間半にわたり語ってもらった。(聞き手:小松靖・テレビ朝日アナウンサー)。 

■人間っていうのは何が起こるかわからないなーー著書『黙って寝てはいられない』を拝読しました。「トモダチ作戦」で被曝した米兵たちのための募金活動に取り組まれていますね。

去年の3月だったかな。城南信用金庫の吉原(毅)理事長がね、「小泉さんに是非とも会いたいと言っている人がいる」と。原発問題にも詳しい、日系4世のジャーナリスト、エイミー・辻本さんという人でね。

あの3.11のとき、日本政府はアメリカ政府に救援活動を要請しました。

第7艦隊の空母ロナルド・レーガンと付随する艦艇は韓国に向けて太平洋を航行していたんですが、それを中断して、すぐに東北沖に来てくれたわけです。それから約1ヶ月間、東北沖に碇泊して、ヘリコプター等で震災の救援活動に励んでくれたんです。

辻本さんに、ヘリで空母に帰ってくる乗組員の映像を見せてもらったんだけど、ガイガーカウンターが鳴り出していて、「俺達は放射能の中に入ったんじゃないか」という兵士たちの声も聞こえてくる。

服を脱いでシャワーを浴びたんだけど、海岸に風が吹いていたから、もろに浴びちゃったんだね。

それから半年くらい経つと、20代~30代の、健康診断もガッチリやって、厳しい訓練を積んだ頑強な兵士たちが、どうも体の調子が悪いと言い出した。診断したけど原因不明だった。

さらに1年経ち、2年経ちして、だんだん悪くなってきて。鼻血や下血が止まらない。放射能のことを知らずに、防護服を着ないで活動していたから、そのせいじゃないかと。そしてレントゲン撮影してもらうと、内臓に腫瘍ができていた。

放射能被曝による病だと気が付いたわけ。結局7人が亡くなっているんだけど、最初は原因不明って言われたわけだから、あとになってみないとわからないからね。

女性の兵士の中には妊娠していた人もいたらしいんだけどね、体調が悪くなっちゃって除隊してしまった。生まれてきた赤ちゃんは障害を持っていて、しばらくしたら死んじゃったと言うんだ。

除隊するともう軍人じゃないから、普通のお医者さんに診てもらわないといけなくなる。アメリカは保険制度が日本みたいに充実していないから、医療費も高くて、なかなか思うように治療も受けられない。

こういう話はあまり報道されてなくて、私も知らなかった。そこから想像もしてなかった活動に励むことになるとはね。夢にも思わなかったよ。人間っていうのは何が起こるかわからないなと思って。

スポンサーリンク

■兵士たちは「日本が好きなんだ」と言うんだ。グッときちゃった

ーー映像を見て、本当の話だと思いましたか?

本当なのか?と。そんなにいるのかと半信半疑だったね。報道されていないと言うし。

ページ:

1

2 3 4 5
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!