潜入記者の横田増生氏が見たヤマト運輸 このままでは物流崩壊か

ユニクロだけじゃない 潜入記者が見たヤマト運輸物流崩壊


待遇改善は待ったなし ©文藝春秋

2月23日、ヤマト運輸の労働組合が、経営側に宅急便個数の受け入れ総量を抑制するように求めていたことが、いっせいに報じられた。

ただ、ヤマトで潜入取材した経験がある筆者からすれば、遅きに失した感は否めない。

私は、『仁義なき宅配』を書くため2014年夏、ヤマトの羽田クロノゲートで1カ月働いた。夜10時から朝6時まで7時間労働。深夜手当を含めても1万円にも届かない職場では、半分近くを外国人労働者が占めていた。

スポンサーリンク

宅急便のセールスドライバーは、昼食時間を削って荷物を配り続けても、最後の時間指定の夜9時までに終わらない。サービス残業も日常化。ドライバーの募集をかけても、きつい仕事が敬遠され、思うように人手が集まらない。








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事