おすすめの記事

ムッシュかまやつさんが78歳で死去 通院しながら肝臓がん治療


ムッシュかまやつさん死去 昨年肝臓がん公表、78歳

グループサウンズ「ザ・スパイダース」のメンバーとして人気を集め、音楽界のレジェンドとして活躍した歌手のムッシュかまやつ(本名釜萢弘=かまやつ・ひろし)さんが1日午後6時5分、都内の病院で死去した。

78歳。東京都出身。昨年5月に肝臓がんが見つかり、9月に公表。12月に、ザ・スパイダースでともに活躍した堺正章(70)の70歳を記念したライブに飛び入りで参加し、デュエットを披露するなど元気な姿を見せていた。

仕事復帰に強い意欲を見せていたかまやつさんが力尽きた。

肝臓がんは昨年5月に検査を受けた際に見つかり、手術は行わず通院して抗がん剤による治療を受けていた。闘病中も仕事をこなしていたが、7月に予定していたライブを健康上の理由で延期。8月23日に脱水症状を起こし救急搬送され、そのまま入院した。

9月に入院と病名を公表した際には「絶対復活するから心配しないでください!!」と再起を誓っていた。

10月末に退院。以降はいとこで歌手の森山良子(69)宅に身を寄せるなどして、通院しながら治療を続けていた。

スポンサーリンク

最後の公の場になったのは12月8日。ザ・スパイダースで一緒に活躍した堺の70歳を記念したライブに姿を見せた。当初はステージを会場最後方で見守っていたが、堺の呼びかけに応じて登壇。堺に「しゃべりが長いね」と突っ込むなどして会場を沸かせ、ザ・スパイダースの名曲「サマー・ガール」をデュエットで披露した。

以前より痩せた印象だったが、元気な様子を見せていた。

ページ:

1

2 3
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!