おすすめの記事

「小学校でイジメの数が前年の13倍になった」との報道。その背景には、驚きの真相がこちら!


Simon_Sin (@Simon_Sin)さんが、昨今のニュースで報じられている「イジメの数が急増した理由」についてつぶやいた内容が話題になっています。

▼そのツイートがこちら!

発覚件数が増えたのは、イジメそのものが増加しているからではなく、単に「報告がしやすくなった」ため…。

2016年度に那覇市の小学校で起きたいじめの認知件数が、17年1月現在で4338件であることが22日、那覇市議会で報告された。

前年度の327件から急増しているが、市教育委員会などは15年の文部科学省通知を受け、現場の「認知件数の多さで評価が下がる」といった意識を改めた結果とみる。(中略)

市教委によると、教諭が「嫌な気持ちになったらささいなことでも先生に報告して」と児童生徒に伝え、小さないじめも見逃さないよう対応を強化。件数の7割以上は解消しているという。

(参照:沖縄タイムスプラス「いじめ「件数多いと評価下がる」を改めた結果…那覇市の小学校、327件→4338件に」)

なんとも考えさせられる事実です。

スポンサーリンク

「いじめの有無は評価には関係しない」という文科省の通達によって、学校側は早期の認識・対応が可能となり、深刻化の防止にも繋がっているそう。

この傾向は、沖縄市内だけでなく、全国的に広がりつつあるとのことですが…。

▼続き&ネット上の反応

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!