「偽善的信者より無神論者の方がまし」、ローマ法王がミサで言及

[バチカン市 23日 ロイター] – ローマ法王フランシスコは23日、偽善的な二重生活を送っている「多くの」カトリック信者の1人となるよりも、無神論者である方がましとの考えに言及し、一部信者に対し批判を述べた。

バチカン放送によると、法王は居住区で行った私的なミサで即興の説教を行い、「言っていることと実際の行いが違うのはスキャンダル(不祥事)で、それは二重生活だ」と発言。

スポンサーリンク

http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKBN1630EK

▼ネット上の反応








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事