中国の反日教育の実態 「恐ろしい」漢字の覚え方も

「日本は毒針で中国を狙うサソリの形」中国の反日教育の実態

■「嘘つき中国共産党」の真実『マンガで読む 嘘つき中国共産党』で、習近平政権から自身が受けた言論弾圧の詳細を克明に描き、大注目を浴びている中国亡命漫画家・辣椒氏。

天安門事件で中国政府に見切りをつけ、一貫して共産党独裁を批判する言論活動を続けてきた評論家・石平氏。

前回、「習近平政権になってから、中国はますます凶暴化している」との認識で一致した2人は、さらに日中関係についても、ある深刻な懸念を共有しているという。

2人が「リベラル派」の日本人にどうしても伝えたい中国共産党政権の真実とは――?
※以下、「新潮45」2017年2月号の対談記事を再掲

■江沢民が始めた日本敵視辣椒 しかし、海外の人は中国から離れていることもあって、中国がそこまで危機の状態にあるとはなかなか考えません。

2007年に日本に帰化した評論家・石平氏(右)、共産党当局に狙われて日本へ「亡命」してきた漫画家・辣椒氏(左)
スポンサーリンク

石平 天安門事件で中国共産党は存続の危機の際に自らを守るために戦車を出動させました。中国共産党が変わっていくかもしれないと楽観視する日本人もいますが、私がそのような人に言うのは中国共産党が北京の中心部で自らの国民に対し戦車を差し向けたことです。政権が危ういからと、東京でそのようなことが起きるでしょうか。

辣椒 その通りだと思います。








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事