おすすめの記事

サンフランシスコで新条例が可決される!「ペットショップで販売できるのは、保護動物のみ」


日本でもショーウィンドウに入れられ、高額な値段で販売されているペットショップの動物たち。

ここにいる動物たちは、『販売』するために繁殖された子がほとんどです。

しかし、保護施設や保健所でも、たくさんの動物たちが新しい家族を待っています。

闇に消える犬や猫たち…「殺処分ゼロ」だけでは解決にならず 悪質業者に販売され消えるペットも

そして、保健所に収容された動物には『命の期限』が迫っています。

そんな状況の動物が数多く存在している一方、生体販売のために繁殖されている動物たちもいるのです。

ひたすら子犬の出産を強要される日々を過ごしてきたチワワ。与えられた幸せな時間は、あまりにも短かった

「ペットショップで販売できるのは、保護された動物のみ」

カリフォルニア州のサンフランシスコは、劣悪なブリーダーによる非人道的な繁殖活動を根絶すべく、ついに新たな条例を可決しました。

ペットショップでの保護犬、保護猫以外の販売を禁ずる。

スポンサーリンク

ペットショップで販売できるのは、保護動物のみ
・生後8週間未満の動物は販売禁止
・ライセンスを持っているブリーダーは例外とする

毎年6000匹以上の動物が保護されている、サンフランシスコ。

劣悪なブリーダーを淘汰するだけではなく、保護動物たちが新しい家族を見つけることを目的としています。

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!