海で見つけたサメと記念撮影…しかしそれが…とんでもない事態に!!

つい最近、アルゼンチンで、観光客がイルカの赤ちゃんを砂丘に引き上げ、写真を撮っているうちに、赤ちゃんが命を落とす事件が起こりました。

SNSが普及し、「自撮り」する人が多くなっているなか、人間の身勝手な行為の被害となる動物が増加しています。

そして、今回ブラジルで起こった出来事。

ブラジルにあるフェルナンド・デ・ノローニャ島。

その島のビーチにやって来た夫婦は、記念撮影をしようと海に入ると、ある生物を見つけました。

これはサメの子ども。

スポンサーリンク

妻はサメの子どもと写真を撮ろうと思ったのか、持ち上げます。

サメの子どもはバタバタともがきますが、しっかり両手で摑まれたまま…

そして、その後、あることが起こります。








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事