かばんから「大人のおもちゃ」…警察の所持品検査を違法とし賠償命令

【関西の議論】かばんから〝小っ恥ずかしい〟「大人のおもちゃ」 警察の所持品検査は「プライバシー侵害」と驚きの賠償命令…現場は震撼

誰しも他人に見られたくない物の一つや二つは持っているだろう。

だが、神戸市須磨区の50代男性はかばんの奥に忍ばせていたとびきりの?秘密?を、予想もしない形で開示するはめになった。

兵庫県警の警察官から違法薬物などを所持していると疑われ、強引に検査されたからだ。ところが、かばんの中から出てきたのは「大人のおもちゃ」。

男性はプライバシーを侵害されたとして国家賠償請求訴訟を起こし、1月に検査の違法性を認める判決を勝ち取った。

痛くもない腹を探られるのは善良な市民にとって迷惑である一方、市民を犯罪から守るためにはやむを得ない面もある。あくまで「任意」とされる所持品検査は、どこまで許されるのだろうか。

スポンサーリンク

「見せたくないです!」抵抗むなしく

「大丈夫ですか」

巡回中のパトカーから降りた兵庫県警須磨署の巡査部長と巡査は、男性の車に近づき、そう声をかけた。








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事