じいちゃんとばあちゃんは

2人で暮らしていた。

ばあちゃんはボケが進んでおり

じいちゃんが介護していた。

いろいろ大変だったみたいだけど

会話はできているようで

「人が思うほど大変じゃないよ」

って言っていた。

ばあちゃんの家に行くと

いろんな事が紙に書かれている。

「冷蔵庫は閉めましょう」

「電気は消しましょう」

「トイレは←」

「ふく、くつした↓」などなど

いろんな字がじいちゃんの手で

半紙に筆で書かれていた。

書いてあれば守ってくれるんだって。

じいちゃんはいつも一緒にいてあげたけど

どうしても区役所に行ったり

病院に薬をもらいに行ったりと

出かける事がしばしば。

心配だけど「外には出ないこと」

と玄関に書いておけば

大人しく待っていてくれたんだって。

そんなある日のこと・・・

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています!
↓↓↓

Twitterで速報をお届けします♪

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事