裁判官「あなたがシュレッダー係を命じられたらどう思う?」副社長が裁判官の尋問に絶句

裁判官「あなたがシュレッダー係を命じられたらどう思う?」アリさん副社長絶句

「アリさんマーク」で知られる引越グループ会社「引越社関東」の男性社員が、営業職から「シュレッダー係」などに異動させられたのは不当だとして、地位確認などを求めている訴訟の口頭弁論が2月9日、東京地裁であった。

この日は、同社の井ノ口晃平副社長の証人尋問が行われた。井ノ口副社長は、男性をシュレッダー係に配転したのは、「秩序を守るため」「制裁ではない」と繰り返し述べたが、裁判官は「懲罰的に見えるんですが」と発言。

裁判官から「あなたが(シュレッダー係に)行けと言われたらどう思いますか」と問われると絶句した。

男性社員は、支店の月別売り上げで1位になるなど、営業職として活躍。しかし、2015年1月、営業車の運転中に事故を起こしてしまった。その後も継続して仕事を続けていたが、3月に社外の労働組合に加入すると、会社の態度が硬化したと主張している。

スポンサーリンク

男性はその後、営業職から、客への見積もり電話などをかけるアポイント部へ異動。さらに、遅刻を理由に6月からシュレッダー係に配属された。男性側はアポイント部、シュレッダー係への配転は、不当だと訴えている。

男性は現在も、シュレッダー係として働いている。この日、男性も尋問を受け、「1日中廃棄書類をシュレッダーにかけ続け、ゴミ置き場に持って行っている。会社に貢献してきたつもりなのに、みじめな思いだ」と涙ながらに語った。








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事