おすすめの記事

メガネ販売店が「万引き犯」の映像公開「返してもらいたいだけ」→ ネット「お店としては当然」


“万引き犯”映像公開「返してほしいだけ」

東京・台東区のメガネ販売店でメガネフレームが万引きされ、店側が犯人とされる男性の映像をホームページ上で公開していることがわかった。

警視庁によると、台東区のメガネ販売店「めがねお~御徒町店」で今月4日、メガネフレーム7点、計26万4600円分が盗まれた。

店は翌日、被害届を提出し、警視庁が窃盗事件として捜査している。店は、万引きしたとする男性が映った防犯カメラの映像を、顔に一部モザイクをかけてホームページ上で公開し、「3月1日までに返却、弁償をしなければモザイクなしの顔写真を公開する」としている。

ネット・マジックめがねお~、張谷満社長「うちみたいに零細だと20万というお金はすごく大きいんですよね。従業員も一生懸命やっていて、盗まれて持っていかれちゃったら当然落ち込みますよね」

スポンサーリンク

店側は「画像を公開することの問題は理解しているが、店を守る手段だ。返してもらいたいだけ」などと主張している。

▼ネット上の反応

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!