おすすめの記事

オバマ前大統領 カリブ海で8年ぶりのサーフィンを楽しむ → ネット「楽しそうじゃん!」


オバマ氏、サーフィン楽しむ=8年ぶり-英領バージン諸島で

【ワシントン時事】1月20日に米大統領職をトランプ氏に引き継いだオバマ前大統領が、カリブ海の英領バージン諸島の小島でカイトサーフィンなどを楽しむ写真が公開された。

英ヴァージン・グループ創業者のリチャード・ブランソン氏が7日、所有する島の高級リゾートにオバマ氏夫妻を招待した話を自身のブログに投稿した。

カイトサーフィンとは、空に掲げた専用のカイト(たこ)を利用して、水上を滑走するスポーツ。

ハワイ出身のオバマ氏は大のサーフィン好きだが、大統領就任中(2009年1月~17年1月)の8年間、安全を考慮し警護隊からウオータースポーツを禁じられていたという。

スポンサーリンク

オバマ氏は2日間かけてカイトサーフィンを習得。写真は、同氏がヘルメットとゴーグルを着用して「子供に戻ったかのように」挑戦している様子を捉えている。

▼ネット上の反応

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!