【衝撃】実際にあった危険な中国製食品。その中でも特に食べちゃいけないものがこちら…


日本中を恐怖に陥れた「毒入り冷凍餃子事件』が起きたのが2007年のこと。

中国から輸入された冷凍餃子を食べた、いくつかの家族が食中毒の症状を訴え入院し、後の検査で餃子からメタミドホスが原因だと分かりました。

この事件では捜査が難航したものの、毒を混入させたとして2010年に中国人の男の身柄を拘束しました。

この事件をきっかけに、特に中国産の食品に関する安全性への関心は高まりました。

今回は、中国で問題となった安全性に問題があるといわれる食品についてご紹介します。

メラミン入り粉ミルク

これは先日、日本のテレビ番組でも取り上げられていましたね。

2008年に問題が表面化したのが「メラミン入り粉ミルク」メラミンを添加することで含有たんぱく質量をごまかした粉ミルクを飲んだ赤ちゃんのうち、6人が死亡、およそ30万人が健康被害を受けました。

スポンサーリンク

毒入りもやし

もやしは傷みやすい食品です。

傷むと見た目が悪くなるのを避けるために、漂白剤を使用することがあります。

また、育てる際にホルモン剤を添加し、成長を促進させることもあるそうですが、これらの薬剤をもやしと一緒に摂取すると、ガンや奇形児のリスクが高くなってしまうそうです。

条例などで使用が制限されている場合もあるそうですが、多くの生産者が使っているといわれています。

ページ:

1

2

▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!