おすすめの記事

生活保護費をパチンコ、競輪などギャンブルに使うことは是か非か → 宇都宮健児「個人の自由。国家がいちいち干渉するのは問題」


去年12月、日本維新の会が生活保護受給者のギャンブルを禁止する7本の法案を参議院に提出した。会見で日本維新の会参議院議員の藤巻健史氏は以下のように話している。

「他の方のおカネでギャンブルをするのはやはりちょっとまずいのではないかという趣旨でこういう法案を作った」

この法案は生活保護受給者のパチンコ、競輪、競馬、サッカーくじなどの購入を禁じるものである。

また千葉県四街道市の市役所には窓口に「生活保護受給者の皆様へ」と題した、生活保護をギャンブルや過度な飲酒などに充てることは好ましくないとする文書が貼られていたという。その中にはこのような一文も。

「生活の維持向上のために生活保護費の適正な支出がみられない場合は、停止や廃止といった措置を講じなければならない場合もあります」(現在は撤去)

スポンサーリンク

2013年には兵庫県小野市である条例が可決された。

いわゆる生活保護受給者“見守り”条例だ。小野市の蓬莱務市長が「福祉給付制度の信頼確保と受給者の自立した生活を支援することを目的とするものである」と説明するこの法案は、生活保護の給付金をギャンブルに浪費することを禁じ、生活に支障が出ている人を見つけた場合、市への通報を義務付けるというものである。

ページ:

1

2 3 4 5
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!