おすすめの記事

「自分の価値は、他人と比較することではなく…」イチローが野球少年たちへ送ったメッセージに胸が熱くなる…


シーズン最多安打記録を更新する快挙をなしとげ、43歳になった今なお、メジャーリーグで現役選手として活躍し続けるイチロー選手。

スポーツ界のみならず、あらゆる業界でも彼をリスペクトしている人が多いのも有名です。

そんなイチロー選手が子どもたちに向けた名言が「深くて感動する」と話題になっています。

それは2016年末、イチロー自らが大会長を務める「イチロー杯争奪学童軟式野球」における一幕。

大会の閉幕式で、集まった野球少年たち、そしてゲストとして登場した同大会出身のDeNAの関根大気外野手(21歳)を前に、イチローは恒例のスピーチを行いました。

イチロー選手は、そこでこのように語りました。

スポンサーリンク

▼以下、大会でのイチロー選手のスピーチ一部抜粋

ここにいる3チームのみんな、本当におめでとう。199チームの中から、3チームに残ったこと、勝ち上がったこと、本当に凄いと思います。僕は(ナ・リーグ東地区)5チームの中で今年も3位でした。

今年の僕がみんなにかけてあげられる言葉を少し探してみました。
今年メジャーリーグで3000というヒットを達成することができました。こういうことがあると、たくさんの人から褒めてもらえます。

そして、イチローは人の2倍も3倍も頑張っていると言う人が結構います。でも、そんなことは全くありません。

人の2倍とか3倍頑張ることってできないよね。みんなも頑張っているからわかると思うんだけど。頑張るとしたら自分の限界……自分の限界って自分で分かるよね。
その時に自分の中でもう少しだけ頑張ってみる。ということを重ねていってほしいな、というふうに思います。

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリック ↓↓↓ お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!

  1. 登録されている記事はございません。