おすすめの記事

【韓国】サムスン瑞草社屋近隣に『半導体少女像』設置


ソウル瑞草区(ソチョグ)の三星(サムソン)電子・瑞草社屋の近隣に、『半導体少女像』が設置された。

『パンオリム(半導体労働者の健康と人権守り)』は3日、防塵服を着た『半導体少女像』を設置した。

今回の彫刻像はナ・キュファン作家が製作した。パンオリム側は、「今回の彫刻像は既存のファン・ユミの彫刻像のイメージとは異なる。小さくて弱く、傷ついた被害者の典型から脱皮して、図体も大きくて強く、三星に力強く問題を提起するイメージだ」と説明した。

この日の彫刻像設置を控えて三星側といざこざがあった。三星側は私有地を理由に少女像の設置を防ごうと試みた。

一方で少女像は4日、朴槿恵(パク・クネ)政権退陣緊急国民行動(退陣行動)の主催で江南(カンナム)で行われる、『半導体電子産業労災死亡労働者追悼文化祭』の行事にも使われる予定である。

ソース:NAVER/ソウル=news1(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=421&aid=0002542717

スポンサーリンク

 

▼画像がこちら

▼ネット上の反応(2ページへ)

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!