集団登校の見守り男性がはねられ死亡 過去に娘を事故で亡くす

娘奪った事故二度と…見守り男性がはねられ死亡

島根県益田市の国道191号で30日、小学生の集団登校の列に軽トラックが突っ込み、小学3年の男児(9)と、付き添っていた男性(73)がはねられた。

男児は軽傷だったが、男性は31日未明、搬送先の病院で死亡した。男性は33年前、現場近くで下校中の次女(当時7歳)を交通事故で失い、再発防止のために集団登校の見守り活動をしていた。

県警益田署の発表では、死亡したのは、近くの元洋装店経営・三原董充ただみつさん。30日午前7時15分頃、市立豊川小学校の児童9人が現場交差点の横断歩道を渡るのを見守っていたところ、突っ込んできた車にはねられた。

スポンサーリンク

車を運転していた同市の木材会社社員の男(62)の呼気から基準値を超えるアルコール分が検出され、同署は自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕。31日、過失運転致死傷と道交法違反(同)容疑で送検した。








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事