高須克弥氏がアパホテル問題に言及 「中国政府が完全に間違っている」

高須院長 アパ拒否問題は「中国政府の都合の悪い真実」

高須院長 アパ拒否問題は「中国政府の都合の悪い真実」高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回はアパホテルの常備書籍の話題と、就任したばかりのトランプ大統領について語っていただきました。

* * *
──アパホテルの客室に常備しているアパグループ代表の元谷外志雄氏の「藤誠志」名義による著書『理論近現代史II 本当の日本の歴史』に南京事件を否定する内容があったとして、中国政府が中国内の旅行代理店にアパホテルを使用しないように要求しました。高須院長は、この本を読まれたんですよね?

高須:そうそう。だって、その本を読まないで、いろいろ言うのもおかしいでしょ。擁護するにしても批判するにしても、まずはちゃんと読まないと。だから、西原(理恵子)といっしょにアパホテルに泊まって、読んだんだよ。まあ、部屋のなかで僕がずっと読書をしているから、西原はちょっと不機嫌気味だったけどね(笑い)。

スポンサーリンク

で、その本の内容なんだけど、たしかにツッコミどころも多かった。でも、まったく問題ないと思う。少なくとも嘘や捏造が並べられているような本ではないし、僕の印象では正しいことが書いてあったと思うね。そもそも日本では言論の自由が認められているんだよ。少なくとも本を書いて主張することを咎めるなんて誰にもできない。だから、中国政府が完全に間違っている。それはもう、内容どうこうの話でもないんだよ。








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事