おすすめの記事

「ガソリンかぶって火をつけて死にます」孫正義氏の伝説的「殺し文句」 役人を震え上がらせた一言

  • 2017/1/25

トランプにも刺さったか 孫正義の伝説的「殺し文句」

世界各国がその言動に戦々恐々とする中、ついに大統領に就任したドナルド・トランプ。
そのトランプ大統領がまだトランプ「氏」だった時に、素早く会いに行った日本人が、安倍晋三首相と孫正義・ソフトバンクグループ社長である。

首相はともかくとして、ビジネスマンの孫社長の行動力、突破力には多くの人が驚かされたことだろう。もっとも、氏の過去の武勇伝を知る人からすれば、そう意外なことでもなかったのかもしれない。
古今の有名人の「殺し文句」をコピーライターの川上徹也氏が分析した本、『ザ・殺し文句』には、孫社長に関する2つの有名なエピソードが紹介されている(以下は同書の要約)。

スポンサーリンク

***

「ガソリンかぶって火をつけて死にます」 2001年当時、先進国で世界一遅い、世界一高いことで有名だった日本のインターネット界に殴り込みをかけたのが、孫氏だった。孫氏はもてる資源をすべてブロードバンドに注ぎ込む決断をする。
しかし、そこには通信業界の巨人NTTという大きな壁があった。
NTTの妨害で、自社の工事がうまく進まないと考えた孫氏は、総務省に乗り込む。そこでいかにNTTに妨害されているかを熱弁するが、官僚にはのれんに腕押し。話は聞くが具体的な行動は起こしてくれない。

ページ:

1

2 3
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!