おすすめの記事

松本人志 国を挙げてアパホテル批判する中国に指摘「ちょっと異常」「逆なら有り得ない」


松本人志 国を挙げてアパホテルを批判する中国に懸念「逆なら有り得ない」

22日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、松本人志が、アパホテルを批判する中国政府に懸念を示した。

番組では、アパホテル代表者の著書をめぐる騒動を取り上げた。問題となった書籍「本当の日本の歴史 理論 近現代史学II」は、旧日本軍が中国市民を虐殺したとされる「南京事件」を「中国のでっち上げ」と否定した内容で、ホテル内の客室に置かれているという。

この内容を問題視する動画がSNSに投稿されたところ、9500万回以上の再生となっただけでなく、中国で反発の声が広がった。中国外務省が定例会見で「一部の人たちが歴史を否定している」と不快感を示す一方、菅義偉官房長官は「日中両国は未来志向で取り組む姿勢が重要だ」と、冷静な対応を呼びかけていた。

スポンサーリンク

コメントを求められた松本は、まず他の国の人がこうした本を目にしたらいい気持ちにはならないだろうと指摘。その一方で、「中国が国を挙げてちょっとアパホテルを叩いてる動きは、これはこれでちょっと異常だなと思いますね」「『アパホテルに泊まるな』と国を挙げて言っちゃってる中国がちょっとすごいな。逆なら有り得ないだろうと思いますね」と、中国政府の対応に疑問をのぞかせていた。

スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!