Share News Japan

窪塚洋介が厳しい言葉で日本政府を批判「弱者には目も向けない」

窪塚洋介が厳しい言葉で日本政府を批判「弱者には目も向けない」

窪塚洋介 日本政府を批判「弱者に目も向けない」

俳優の窪塚洋介(37)が21日、都内で行われた米映画「沈黙-サイレンス-」の初日舞台あいさつで「弱者」に対する政府の姿勢に疑問を投げかけた。

映画はマーティン・スコセッシ監督(74)が江戸初期の長崎を舞台に隠れキリシタンへの弾圧を描いた。

司会者から「社会的弱者に対するこの映画のメッセージは?」と質問されると、窪塚は…

「2011年の3月11日に東北大震災(東日本大震災)が起こってたくさんの弱者が生まれました。なのに、この国のみっともない政府の連中は他の国には1兆、2兆、3兆円とオレたちの血と汗の税金を使って、ばらまき倒して自分の国の弱者には目も向けないじゃないですか」

と厳しい言葉で現状を分析した。

             

記事が良かったら『いいね!』をお願いします。

〈1日1クリックのご支援お願いします〉
⬇︎⬇︎⬇︎
現在第1位!

                 

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事

Return Top