おすすめの記事

生活保護「なめんな」ジャンパー ネットで激励相次ぐ「何が悪いのか」


使用禁止「保護なめんな」ジャンパー  ネットでは「何が悪いのか」激励相次ぐ

「保護なめんな」などと英字でプリントされたジャンパーについて、生活保護の担当者が着用するには不適切だとして、神奈川県小田原市が職員の使用を禁止したことに対し、ネット上で、「何が悪いのか」と異論が相次いでいる。

黒いジャンパーの左胸には、金色のエンブレムが入っている。「悪」という漢字にバツ印が付き、「SHAT」という英字がある。

「不正受給は許さないと、連帯意識向上のため」

「HOGO NAMENNA」(保護なめんな)は、その上につづられていた。

小田原市が行った2017年1月17日の緊急会見などによると、このジャンパーは、10年前に生活保護担当の職員3人が支給を打ち切られた男からカッターナイフなどで切られる事件をきっかけに作られた。

それでも不正受給は許さないと士気を高め、連帯意識向上のために職員から発案があったそうだ。

スポンサーリンク

1着4400円で、これまでに職員計64人が自腹で購入した。外に向けたメッセージではなかったため、当初は、一人暮らしの高齢者が自宅で亡くなったときの片付け作業などにジャンパーを使っていた。しかし、次第にその意識が薄れて、冬の防寒着として受給者宅への訪問などにも着るようになった。

これに対し、受給者とみられる人からマスコミに情報提供があって、ジャンパーの使用が発覚した。

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!