おすすめの記事

【神戸新聞】「あの日を知らないことは幸福か」阪神・淡路大震災に寄せた“今だから言えること”とは…

  • 2017/1/18

1995年1月17日、阪神・淡路大震災。

近畿地方の広域に、多数の死亡者を含む大きな被害をもたらしました。

そして…22年目の節目となる今日、たくさんの人々が当時の思い出に触れるなか、ノリツクダニ (@tsukuda_rn_mf)さんが過去の神戸新聞に掲載されたとある記事を紹介し、話題を集めています。

阪神・淡路大震災の発生から21年。この動画はミント神戸のビジョンで17日のみ放映されています。

神戸新聞さんの投稿 2016年1月16日

スポンサーリンク

多くの人命を奪い、街を壊滅状態にしたこの震災を「知らない」のは、とても幸せなことかもしれません。

それでもやはり、未来に起こるかもしれない不測の事態に備え、また、現在も復興に尽力する全国各地域への理解を深めるためにも、大人たちが当時の惨状について、若い世代に伝え続けていく必要があります。
悲劇を悲劇のまま終わらせぬよう…歴史と向き合うことの重要性を、改めて感じさせられました。

スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!