おすすめの記事

負債11億円… 老舗書店を21歳で継いだ三代目、黒字へ転換させた才覚


負債11億…神田神保町の老舗「芳賀書店」の社長に21歳で就任した三代目。まず始めたことは身内を切ること

本の街、神田神保町で80年もの歴史を誇る老舗である芳賀書店。三代目・芳賀英紀さん(35歳)が会社を継いだのは21歳のときだ。

「母の事故を機に父親から会社を継いでくれと言われたんです。もともと僕自身は本気で歌手を目指していて、事務所と契約した矢先。継ぐつもりはありませんでした」

しかし、なおも父親が懇願するため、軽い気持ちで帳簿や経理書類を確認したところ、記されていたのは膨大な負債の記録だった。

「融資負債7億円、親族の個人貸し付けで4億円、合計11億円もの負債があったんです。子供の頃、家族3人のイタリア旅行で、一日あたり100万円以上を使っていたこともあったから、ウチはお金持ちなんだとばかり思っていた。このままではまずいと、逆に会社を継ぐ覚悟を決めました」

社長に就任してまず、すぐに身内を切ることから始めたという。

スポンサーリンク

「経営悪化の原因のひとつは、明らかに先代社長も含めた親族及び役員による会社の私物化。会社を継いだ僕に役員たちが、『社長なんだから年間2400万円の報酬を受け取ってくれ』なんて言うんです。どこにそんなカネがあるんだと。役員たちには退職を促し、僕自身も自ら、手取りで月12万円の報酬にすると申し出ました。来客が捨てていったタバコの吸い殻を、拾って帰って吸うような生活をしてましたよ(笑)」

当然三代目就任後の苦労は、内部によるものだけではない。

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!