おすすめの記事

ピンクのサーモン(ノルウェー産)養殖魚の実態とは…健康保全組織が設定した成人が摂取できる有害成分量の3倍超え!


上の写真を見てどちらがサーモンか分かりますか?

実はこれ、どちらもサーモンなんです。右のマグロのような赤身が天然のサーモン、左の鮮やかピンク色で油がたっぷり含まれているのが養殖のサーモンです。

我々がサーモンと言われてすぐイメージするのが、回転すし、スーパーなどで目にするピンクサーモンですね。

もはや食卓に天然の魚が並ぶことが珍しい世の中となってきてしまいましたが、この養殖サーモンは危険な魚として知っておいたほうが良さそうです。

特に日本に輸入されているノルウェー産はかなりいわくつき養殖魚と言われています。

サーモン養殖魚が食卓に届くまで

非常に恐ろしい養殖サーモンの実態を紹介しているサイト「What’s in farmed salmon」に衝撃のサーモン養殖が食卓につくまでを解説してます。

要約するとこんな流れ

1.サーモン養殖魚は麻酔薬やワクチンを摂取させられ養殖魚のいけすへ送られる

2.不衛生ないけすの中には病原菌、細菌、フナムシなどが繁殖

3.与える餌の配合成分:

・ 遺伝子組み換え

・(薄いピンクになる)色素配合

・ 豚や鶏の原料入

・ 殺虫剤成分

・ PCB(ポリ塩化ビフェニル)が混入した脂肪

・ フナムシを殺す化学薬品、病原体の集団感染を防ぐ抗生物質

4.これらの餌を食べ続け薬漬けとなったサーモンが出荷(日本に輸出)

5.スーパー、コンビニ、レストラン、回転すし店などへ流通


この養殖の実態を知らない消費者は店頭で『アトランティックサーモン(養殖)』などという表記で油ののった養殖サーモンを「油がのってて美味しいね!」と。。。。

スポンサーリンク

では続いて動画も見てください。天然と養殖のサーモンを比較した映像です。

約3分半の動画ですが、全部見ずとも1:10過ぎのフライパンに溜まった養殖サーモンの油の量と2:25くらいの生の養殖サーモンの油を手で絞り出したあと、10分間冷やした後の油の様子に注目してください。

▼動画(2ページへ)

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!