おすすめの記事

【中国】日本で偽札が流通しない理由を考察 紙幣の技術は「非の打ち所がない」


そうだったのか! 日本で偽札が流通しない理由は3つあった=中国

現代の経済を支える極めて重要な道具の1つは「通貨」であり、通貨の偽造は一国の経済を根本から崩壊させる可能性があるため、どの国においても犯罪とされている。中国では今なお偽札が流通しており、通貨偽造を手がける組織が摘発されることもある。

一方、日本で暮らすうえで偽造された紙幣や硬貨を掴まされた経験を持つ人は少ないはずで、日本ではまず偽札は流通していないと言えよう。

中国メディアの今日頭条は12日付で、日本は先進国のなかでも偽札がほとんどない国だと指摘しており、その3つの原因について説明している。

スポンサーリンク

記事は「日本に偽札がほとんどない」理由の1つ目について、日本社会では「偽札を造るメリットがない」ことを挙げ、日本社会において偽札製造は投獄よりも深刻な犯罪であり、もし発見されるならそれはその人の人生の終わりになると指摘。

また、例え自殺しても誰も同情しないと説明した。

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!