おすすめの記事

ビートたけしが「キラキラネーム」を一蹴「男に捨てられる名前」


ビートたけしがキラキラネームを一蹴「男にだまされて捨てられる名前」

14日放送の「新・情報7daysニュースキャスター」(TBS系)で、ビートたけしが「キラキラネーム」を一蹴した。

番組では、2016年に人気のあった「キラキラネーム」をランキングで紹介した。「キラキラネーム」とは、一般から外れた個性的な名前を指す。

スタジオで出演者たちが「黄熊(ぷう)」や「奏夢(りずむ)」などに驚くなか、たけしは「夢はネイリストになりたいとかいって、男にだまされて捨てられるタイプの名前」とこれらを揶揄した。

スポンサーリンク

司会の安住紳一郎アナウンサーが「そんなことないですよ」と慌てるも、たけしは「事件の被害者、みんなこんな名前だよ」と連呼した。

「2016年キラキラネームランキング」は、1位から「唯愛(いちか、ゆめ)」「碧空(みらん、あとむ)」「優杏(ゆず)」「海音(まりん)」などがランクインしている。

スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!