おすすめの記事

宇梶剛士、両親から受けた男女平等教育明かす スタジオでは感心の声


俳優・ 宇梶剛士 親から受けた男女平等教育に感心の声「女は男の道具じゃない」

14日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)で、俳優・宇梶剛士が、親から「女は男の道具じゃない」と教育されたことを語った。

番組では、宇梶がゲストとして登場した。前クールの人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)では、新垣結衣の家事ができない父親役を演じていた宇梶。宇梶自身は、料理が得意だというが、それはひとり暮らしが長かったことのほかに、両親から受けた教育の影響があるとか。

宇梶の親は「男女平等とか人権のことをやっていた」という。その影響で、宇梶は約45年前の子供のころから「いつか男女平等の世の中が来るから、そのときに色んなことができないと」と言われ、炊事や洗濯、縫い物など、家事全般が出来るよう教育されたというのだ。

スポンサーリンク

さらに、宇梶の親が言っていたのは「女は男の(家事をする)道具じゃない」「どっちがやってもいいんだけど、どっちかだけがやらなきゃいけないのは、おかしいんだ」と教えられたのだとか。

現在の宇梶は、家ではアイロン掛けと裾上げを担当しているとのこと。実際の宇梶は、「逃げ恥」で家事ができない父親役とは正反対だと分かり、スタジオには驚きと感心の声が上がっていた。

スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!