おすすめの記事

交通事故に遭い「余命が5分」と言われた男性。最後の願いが叶わなかった男性に隊員がとった行動とは…


いつ起こるかわからない交通事故。今は元気でも、もしかしたらこのあと事故に合うかもしれません。

交通事故にあってしまった男性


ある日の深夜3時ごろ、高速道路で事故が起き、被害者の男性は、下半身を切断されるという重体に巻き込まれてしまいました。

彼に残された時間は「あと5分。」その彼が最後に望んだこととは・・・?


事故現場に救助に向かった救急隊員が見たのは、なんと車に挟まれて下半身を切断された男性の姿。

見るからにもう助からない状態でしたが、切断面が車に圧迫されていたため出血が少なく、まだ男性の意識がありました。

意識がある内に男性は救急隊員に、「僕、あとどれくらい持ちますか?」と質問しました。

スポンサーリンク

救急隊員は正直に伝えました。

「あと5分くらいです。」

そして、彼に何か望みはないかと尋ねると男性は・・・彼最期の望みは「家族と話したい。」ということでした。

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!